So-net無料ブログ作成

Z2 RS フロントフォークのスタッドボルト交換 記 [足回り]

ブレーキキャリパーのO/Hと行く予定でしたが、早めに部品が入りましたので

2度手間は絶対イヤなので スタッドボルト交換と行きます。

1.jpg

一見マトモに見える スタッドボルト。

2.jpg

左前はボルトなんですよね・・・・・・。

3.jpg

凄く速く着きました!

グリーンフラグさん ありがとう!

4.jpg

ナットのダブル掛けは ヤバイですので スタッドボルト用の工具を・・・・・・持ってるんですよね。

5.jpg

全体を包むように ボルトに掛かります。

6.jpg

既設のボルトと新規のボルトは 少し長さが違うよう・・・・・・。

7.jpg
8.jpg

左右新品になり!

9.jpg

ホルダーもキッチリ付いて 一件落着です。

ここのボルトはストレスの掛かる部分ですので 交換は必修・・・・・・・CB750は換えてない・・・・・・。


次回 キャリパーに行きます!

共通テーマ:バイク

Z2 RS フロントフォークオイル交換しました 記 [足回り]

ステムを外した序?に、フォークオイルの交換をしました。

1.jpg

インナーチューブはCB750と違い 全メッキされていますので 錆がありませんでした。

2.jpg

外したFフォーク。

3.jpg

トップボルトを外して 逆さにしてオイルを抜きますが これだけではケッコウな量のオイルが

残っていますので 縮めたり伸ばしたりして。

4.jpg

カワサキ純正が安かったので。

169cc 油面高455mmが指定ですが 出てきたオイルがドロドロでしたので指定量のオイルを入れて

洗い油代わりに。

フォークオイルは後1回分は残っていますので 走れるようになれば また交換します。

5.jpg

元に戻したフォーク。

車検対策で ホイールをスポークに。

ハヤシは「JWL」の刻印が無いので。

6.jpg

手持ちの新品トップボルトに 交換。

さてブレーキをどうするか?

スタイリシュにシングルディスクorカッコ良いWディスクにするか・・・・・・・?

マスターシリンダーも換えないと・・・・・・・・・。

共通テーマ:バイク

Z2 RS ステアリングステム オーバーホール 記 [Z2整備]

20年以上前に組んであまり乗らなかったが、ステムの状態の確認と

グリスアップを兼ねて バラしてみましたが。

1.jpg

いつもの所で。

2.jpg

クランクケース下にジャッキを入れて 前回りをバラします。

3.jpg

案の定バラまいたボール。

全て拾い集めて・・・・・39個。

オイル分が十分あったので、錆もなく打った痕もなく 良い状態なので洗浄して再使用。

3-1.jpg

何か違うバイクみたいな・・・・・・・・・。

4.jpg

レースの状態は 新品同様です。

5.jpg

ワコーズのフレアグリスをタップリ塗りたぐって!

ボールをはめ込みます?

下は20個です。

6.jpg

上も同様に。

上は19個ね。

7.jpg

バタバタ組んでみました。

8.jpg

フォークを付けて ベアリングの当りを診ます。

9.jpg

無事完成。

因みにハンドルは Z1-Rの純正でした。

次は・・・・・・フロントフォークのオイル交換で行きます!

共通テーマ:バイク

Z2 RS やっとバイク用オイルを入れました 記 [Z2整備]

金銭的都合で車用オイルを入れていた985cc。

この度 スミックスのオイル(10Wと20W)を格安で購入しました。

1.jpg

オイル交換の前に 点火時期チェック・・・・・・・?

あれっ? フルトラやん! オーナーさん 完全に忘れていました。

Z750FXかZ400FXのカワサキ純正を組み込み済みでした・・・・・・・。

試しにタイミング見たら バッチリでして・・・・・・。

2.jpg

青いのが20W 赤いのが10W これ混合して入れてOKらしいので 先ずは半分づつね。

15Wになると想像。

3.jpg

フィルター&OリングはPMC用だが Oリングはセット内容がチャランポランだから全部換えれねーじゃん!

後で純正かおう・・・・・・・。

4.jpg

後ウインカーリレーとヒューズを交換です。

5.jpg

ヒューズは作っても良いのですが 安いから購入。

しかし全てのヒューズがこれ一個で 済ませているのは 遠出のトラブルでは悩みそう・・・・・。

さて次はステアリングのベアリングの給油で 行きますので。


共通テーマ:バイク

Z2 RS フューエル タンクを使えるようにしました 記 [外装]

錆取したタンクを 使えるようにしました。 

あっ! 錆を落とせばOKだと・・・・・・・・・そうは行きませんよ!

1.jpg

燃料コックは バラしてタンクの錆取材でキレイにしました。

アルミは長く浸け置くと いけません。

泡が出始めたら 取り出して エアで水切り後 真鍮ブラシで仕上げました。

2.jpg

PMCのフューエルキャップパッキン です。

3.jpg

コックの違いですが 前期と後期らしいです。

4.jpg

コックの構成部品の違いです。

5.jpg

20年以上前に購入した コックの新品。

6.jpg

前期(右)と後期(中・左)のデザイの違いです。

6-1.jpg

パッキンの組み付けで使用したゾイルスプレー。

7.jpg

タンクのパッキンも交換です。

パリパリになっています。

8.jpg

ここもPMCの部品を使いますが 全てのPMCの部品で思うのは”激安”。

長くはもたないとか 書いてあるサイトを観ましたが・・・・・・・どうですかね?

9.jpg

ネジ3本を緩めて 取り外します。

10.jpg

ここでパッキンを付けた部品に方向があるんですよ。

サイドスタンドで立てた時を想像すると こういう風に付けるのが正解でしょう。

11.jpg

外装を取り付けて 形にしています。

次はもう作業済みですから 何を出すかは・・・・・・?です。



共通テーマ:バイク

Z2 RS キャブが!!! 治しちゃいましょ! 記 [キャブ 985cc]

スターティングローターも治り ホッとしたのも束の間・・・・・・・!

1.jpg

セルでエンジン始動しましたが 全く違和感もなくセルが回りましたが。。。。。。。

2.jpg

キャブから燃料が!

オーバーフローしてるみたい。

3.jpg

面倒だけど キャブを外して。

キッチンタオルでマニを塞ぎます。

整備にキッチンタオルは必需品です。

4.jpg

目視では不調は分からない。

油面は21~22mm。

5.jpg

フロートバルブが怪しいが 当キャブの部品は全く持っていない。

でもこの時代のキャブ ミクニなので CBと合うかも?

CBのオーバーホールキットを出してみて。

6.jpg

並べたら ほぼ一緒じゃん!

7.jpg

仮組して油面を見ると21mmくらい!

使います!

8.jpg

内径を計りましたら 28~29mm。

VM28と分かりました。

滋賀で買ったZ2に付いていたのを 流用していましたが 何だか今まで分からずでした。

ネットは便利!

9.jpg

ホース類も交換です。

キャブ側が8mm コック側が6mm。

間にフィルター(CB組み立て時に購入)を入れて 異径に対応です。

10.jpg

長めに燃料ホースをカットし 取りつけます。

11.jpg

再度取り付けて エンジン始動。

セルも完璧  燃料も漏れず アイドリング安定です。

12.jpg

エアフィルターも付けて 準備完了か?

エンジンオイルが 車用のままだ!

財布が軽すぎて オイルが買えない!

どうしよ?



共通テーマ:バイク

Z2 RS スターティングローターがスリップするから直しちゃお! 記 [スターティングローター]

クランクがZ1000だから キー溝が無いタイプなんです。

ローターもZ1000なんだけど 一度滑るとボルトが緩んで ローターと

クランクの間にオイルが回り ボルトを締めても直ぐ滑るんです。
 
1.jpg

いつもの場所にZ2を出します。

2.jpg

前もってスターター関係は取り外しています。

3.jpg

クランクを削るので 切子がエンジンに掛からないよう 養生します。

4.jpg

新品のディスクでは 直径が大きいので 使い古しを・・・・・・・・あった!

5.jpg

慎重に削ります。

クランクと直角方向を・・・・・・・・カンで行きましたが・・・・・・・・。

5-1.jpg

純正キーと同じ厚さの タイル用タガネを 溝に合わせて整形。

6.jpg

洗浄済みのスターティング部品。

マグネットローターは Z2用を使用。

物持ちが良いから 直ぐ部品が出てくるんですね!

ローターは特に脱脂を。

7.jpg

組込ペーストを塗布し 順番に組みます。

ローター取り付け部をもう一度 脱脂・洗浄して キーをトンカチで打ちこみました。

8.jpg

ボルトにロック剤をを塗布して 締めこみます。

ギアを手で回して 感じを確かめます。

良い具合の抵抗感で OKでしょう!(仮組して確認していますが)

9.jpg

カバーを付けて完成のハズ?

なんでこう手際が良いのか・・・・・実は20年ほど前にも1105ccを同じ方法で処理しています。

純正キーは 圧縮比の高いエンジンでは 役不足で 直ぐに切断してしまいます。

良い子は 組む前に内燃機屋さんで 加工してもらってね!

ケースを間違って削ると オシャカですので。。。。。。。。。

共通テーマ:バイク

Z2 RS タンクの錆落とし その2 記  [外装]

さて 市販の錆処理材で 仕上げの工程です。

1.jpg

今回は青をモデルさんに。

2.jpg

サンポールでの錆取はほぼ良い感じになっています。

3.jpg

前処理で錆取後の錆防止(錆の文字は続く)でCRC556をスプレーしていましたので

ジョイで洗浄 マジックリンで仕上げ洗浄です。

なんでこれらを使うかは 裏の説明を読んでくださいね。


4.jpg

水で濯いだ後は・・・・・・

5.jpg

オークションで購入したモンキーダンクⅢ。

6.jpg

1L投入です。

7.jpg

原液を入れてフリフリした後 半分くらい水を入れてフリフリ。

上部分を先に処理したいので 逆さまに。

8.jpg

1時間ほど上やら下やらにして フリフリ。

防塵マスクをろ過材にして タンクの中の錆処理を吸い出しました。

綺麗になったと思ったタンクですが これだけ錆が残っていました。

9.jpg

水で濯いだタンクの中身。

10.jpg

付属の処理材を投入後 フリフリして上下 前後 にして隙間に染み込むよう!

処理材の多い分を元の容器へ。

もちろん 次に使い回しです。
11.jpg

ドライヤー(ヒートガンはダメだそう)で 時間をかけて乾燥です。

12.jpg

自分では完璧なタンクの中。

後でガソリンを入れて 濯ごうと思っています。



共通テーマ:バイク

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます