So-net無料ブログ作成

Z2 RS スターティングローターがスリップするから直しちゃお! 記 [スターティングローター]

クランクがZ1000だから キー溝が無いタイプなんです。

ローターもZ1000なんだけど 一度滑るとボルトが緩んで ローターと

クランクの間にオイルが回り ボルトを締めても直ぐ滑るんです。
 
1.jpg

いつもの場所にZ2を出します。

2.jpg

前もってスターター関係は取り外しています。

3.jpg

クランクを削るので 切子がエンジンに掛からないよう 養生します。

4.jpg

新品のディスクでは 直径が大きいので 使い古しを・・・・・・・・あった!

5.jpg

慎重に削ります。

クランクと直角方向を・・・・・・・・カンで行きましたが・・・・・・・・。

5-1.jpg

純正キーと同じ厚さの タイル用タガネを 溝に合わせて整形。

6.jpg

洗浄済みのスターティング部品。

マグネットローターは Z2用を使用。

物持ちが良いから 直ぐ部品が出てくるんですね!

ローターは特に脱脂を。

7.jpg

組込ペーストを塗布し 順番に組みます。

ローター取り付け部をもう一度 脱脂・洗浄して キーをトンカチで打ちこみました。

8.jpg

ボルトにロック剤をを塗布して 締めこみます。

ギアを手で回して 感じを確かめます。

良い具合の抵抗感で OKでしょう!(仮組して確認していますが)

9.jpg

カバーを付けて完成のハズ?

なんでこう手際が良いのか・・・・・実は20年ほど前にも1105ccを同じ方法で処理しています。

純正キーは 圧縮比の高いエンジンでは 役不足で 直ぐに切断してしまいます。

良い子は 組む前に内燃機屋さんで 加工してもらってね!

ケースを間違って削ると オシャカですので。。。。。。。。。

共通テーマ:バイク

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます